失踪者の捜索でコストと成果のバランスが良いのは

失踪者の捜索でコストと成果のバランスが良いのは、どんな手段や方法なのかについて書いています。以前、弟が家出をしたことがあり、警察に依頼して探してもらったことがあるので紹介しています。

まず、家出人の探し方には、家族が自力で探す方法、探偵などに依頼する方法、警察に捜索願いを出す方法があります。家族が探すには、家出人の立ち寄り先や親しい友人にあたるなどしますが限界があります。
探偵に依頼する場合は、費用がかさんで経済的な問題があります。最後に、警察の捜索願いですが、届け出のやり方によっては積極的に探してもらうことが出来、費用もかかりません。

私は、弟を探す際に警察へお願いしたのですが、この時の届け出のポイントについて、知人からアドバイスを受けました。それは、『家出をすることはあり得ない、犯罪に巻き込まれたかも』ということを前面に出すことです。警察も暇ではありませんので、頻繁に家出をする者を必死に探そうとはしません。何らかの危険がある可能性を示さなければ、法律に従って仕事をしている警察は動けないからです。

少しずる賢い気もしますが、実際に弟を探す時には、そのようにして捜索願いを出したところ、直ぐに見つけてもらうことが出来ました。警察ってとても頼りになるのです。

私が使った探し方を参考に、家出人を探すのも一つのやり方だと思います。くれぐれも言っておきますが、警察を騙すのではなく、探してもらえるようにどうするかということですよ。

家出人の探し方で大人に効率的なのは